オイル選びに迷ったら、精製ホホバオイル

アロマセラピーなどで使われるキャリアオイルまたはベースオイルに何を使ったらいいの?

精製されたホホバオイルがおすすめです。サラッとしているのでべたつかず、しかもしっかり水分キープもしてくれる優れもの。 低刺激で保湿力もある敏感肌の方にも使えるメジャーなオイル。

ホホバオイルには未精製のゴールデンホホバオイルもあります。精製されたホホバオイルは透明に近いのに対して未精製のゴールデンホホバオイルはその名のとおり黄色い色をしています。未精製なので栄養が豊富で、少しホホバの香りがするものもあります。ホホバオイル自体低刺激ですが、精製されていると更にお肌に優しいという事になります。またホホバオイルは酸化もしにくいのでとても扱いやすいオイルです。

ではほかにどんなオイルがある?

よく使われるのが

・ グレープシードオイル

・ スイートアーモンドオイル

・ オリーブオイル

・ スクワランオイル

・ セサミオイル

などです。このほかにもいろいろあります。

さっぱりした使い心地がいい人には 、スクワランオイルやグレープシードオイルがおすすめ。

スクワランオイル

スクワレンは人の皮膚にも含まれる成分で刺激が少ないので敏感肌の人にも使いやすいオイルです。サラッとした使い心地ですが、潤いも与えてくれるので紫外線や乾燥、その他の刺激からも肌を守ってくれます。オリーブスクワレンなどもあります。

グレープシードオイル

グレープシードオイルは乾燥させたブドウの種からオイル。ビタミンEが豊富でその巌流量はオリーブオイルの2倍以上とのこと。使い心地はさっぱりしていて滑りがよく、肌への浸透も良いです。肌刺激やアレルギー性が少ないのでいろいろなタイプの肌の方に使えるオイルです。

しっとりがお好きな人は、マカダミアナッツオイルやオリーブオイルがおすすめ。

マカダミアナッツオイル

マカダミアナッツオイルはパルミトレイン酸を多く含むとても保湿に優れたオイルで、浸透性が非常に高く肌刺激も少ないオイルです。年齢と共に減少する パルミトレイン酸 を多く含むマカダミアナッツオイルは乾燥肌や熟成肌の方にもおすすめの美容オイルです。

オリーブオイル

オリーブオイルはオレイン酸やビタミンE、ポリフェノールといった栄養成分豊富なオイルです。特にエクストラバージンオイルは最高級で香りも豊かです。

ローズヒップオイルなどは肌にはとっても良いオイルですが酸化しやすいオイルもあるため、早めに使い切る必要があります。

またナッツアレルギーの人はアーモンドオイルやマカダミアナッツオイルなどナッツ類から抽出されたオイルには気を付ける必要があります。

季節によって好みの使用感を変えたい方や、また使用頻度によってはオイルを使い分ける必要も出てきます。

という事で

「オイル選びってなんだか面倒だわ」って思った方には、精製ホホバオイルがおすすめですね。

関連記事

  1. JAA ハンドトリートメント検定講座

  2. JAAハンドトリートメント検定講座㏌イオンモール高岡

  3. 認知症予防のアロマヘッドトリートメント~セルフケア~ ワンデ…

  4. 指先から肘までくまなくトリートメント